プーケット情報

プーケット・お役たち情報

タイ,プーケットについて

タイ南部のアンダマン海に面するタイ最大の島で、世界有数のリゾート地として知られるプーケット
エメラルドの海と真っ白な砂浜の美しさから「アンダマン海の真珠」とたとえられています
、島内77%を占める山地で、熱帯モンスーン気候のジャングルを体験することができる場所もあります
年間を通して、ビーチリゾートやマリンスポーツを堪能できるプーケットのマリンアクティビティは多種多彩
パラセーリングでの空中散歩やカヌーでの洞窟探検、ヨットをチャーターしてアンダマン海を自由気ままにクルージングしたり、カジキやマグロを狙ってフィッシングに興じたり。もちろん美しい海でのシュノーケリング・スキューバダイビングなど手軽に楽しめます

シーズン

①乾期は11月~3月
②4月~5月が暑期
③6月~10月が雨季グリーンシーズン

乾季、暑期(ハイシーズン)
気候も良く、ダイビングをはじめとするマリンスポーツを楽しむにはこの時期が適しています
ハイシーズンなのでホテルの料金は高くなります

雨季グリーンシーズン(ローシーズン)
スコールはありますが、一日中ずっと降り続くわけではありません。木々の緑が深みを増し、フルーツがたわわに実る季節です。モンスーンの影響を受けやすい島の西側は、波が高くなるのでマリンスポーツを楽しむ際には注意が必要です。ローシーズンのため、ホテルの料金も安くなります

主要ビーチ

>パトン・ビーチへGO♪♪
>カロン・ビーチへGO♪♪
>カタ・ビーチへGO♪♪
>ナイハン・ビーチへGO♪♪
>ラワイ・ビーチへGO♪♪
>バンタオ・ビーチへGO♪♪
>スリン・ビーチへGO♪♪
>カマラ・ビーチへGO♪♪
>ナイヤン・ビーチへGO♪♪
>ナイトン・ビーチへGO♪♪
>ラヤン・ビーチへGO♪♪
>マイカオ・ビーチへGO♪♪

穴場ビーチ

>パラダイス・ビーチへGO♪♪
>フリーダム・ビーチへGO♪♪
>レムシン・ビーチへGO♪♪
>バナナ・ビーチへGO♪♪
>ヤヌイビーチへGO♪♪

空港送迎車手配手段

空港~パトンビーチ、カタ、カロンビーチ間は、リムジンタクシーやタクシー、ミニバスで結ばれています
タクシーのなかには、メータタクシーもあるものの本数が少なく、多くは運賃交渉制です
プーケット島内を回るには、レンタカーかトゥクトゥク(料金は交渉制)をチャーターできます
※プーケット空港でタクシーを頼む手段のページへGO♪♪

プーケット島内移動

>ソンテウ
>トゥクトゥク
>タクシー
※プーケット島内移動方法のページへGO♪♪

レンタルバイク&レンタカー

プーケット滞在で良く利用されているレンタルバイク&レンタカー
自分たちで計画をたて好きな場所に行けるため人気があります、運転は日本と同じ左側通行
ただ日本と違ってルールを守れない現地ドライバーや欧米人などもいます、気を付けて運転しましょう
※レンタルバイク&レンタカーご紹介ページへGO♪♪
※ガソリンスタンドご紹介ページへGO♪♪

観光名所

>プロムテップ岬
>ヒロインズ像
>ビックブッダ
>ワット・プラ・トーンへGO♪♪
>ワット・チャローンへGO♪♪

エンターテイメント

>プーケット・ファンタシー
>サイアムニラミット
>キック・ボクシング・スタジアム
>サイモン・キャバレー

ショッピング・お買い物

>ジャンクセイロンショッピングセンター
>セントラルデパート
>キングパワー・プーケット(免税店)
>土曜,日曜日ウイークエンドマーケット(プーケットタウン)
>日曜日のみオールドタウンマーケット(プーケットタウン)
>プレミアム・アウトレット・ビレッジ
>レモングラス・ハウス(Lemongrass House)
>アカリコ(Akaliko)
>ムックダー(Mookda)
>ジムトンプソン(Jim Thompson)

レストラン,カフェ

>バーンリムパ(Baan Rim Pa)(パトン地区)
>ダ・モリッツィオ(Da Maurizio Bar Ristorante)(パトン地区)
>カップクルアイ(Kaab Gulay)(パトン地区)
>レッドスナッパー(Red Snapper)(カタ地区)
>カッパニーニャ・レストラン&ピッツェリア(Capaninna Restrant)(カタ地区)
>ワンチャン・カフェ&レストラン(One Chan Cafe And Restrant)(プーケットタウン地区)
>ナチュラルレストラン(Natural Restrant/Thamachat)(プーケットタウン地区)
>サルバトーレ(Salvatore's Restrant)(プーケットタウン地区)
>ダ・ビンチ(Davinc)(ラワイ・ナイハーン地区)
>M.M's ピッツェリア(M.M's Pizzeria)(ラワイ・ナイハーン地区)
>ババプール・クラブ(Baba Pool Club)(パンワ地区)
>ババネスト(Baba Nest)(パンワ地区)
※プーケット食べログご紹介ページへGO♪♪

スーパーマーケット(食料,日用品)

>BIG-C(ビックシ―)
>TESCO/LOTUS(テスコロータス)
>VILLA MARKET(ビラマーケット)
>MAKRO(マクロ)

アクティビティ

>シュノーケリングツアー
>スキューバダイビング
>シーカヌー
>ラフティング
>フィッシングツアー
>ゴルフ
>サーフィン
>カイトサーフィン
>ケーブルウェイクボード
※プーケット観光・マリンアクティビティ・オプショナルツアーご紹介ページへGO♪♪

プーケットタウン・オールドタウン

プーケットタウンにある『オールドタウン』の街並みは、見るだけでも面白いのですが、プーケットの歴史などの情報公開している場所もあるので興味ある方は覗いてみると良いでしょう♪♪
※プーケットタウンにある日本語が話せるタイ人オーナーのカフェへGO❕❕お店にてプーケット歴史を🎵🎵

シノ=ポルトガル様式の街並みを散策[プーケットタウン]
16世紀から18世紀にかけて、すずの採掘と国際貿易で栄えたプーケット。当時はポルトガルやオランダ、福建省からの商人などで賑わっていました。プーケット島の中心であるプーケットタウンには、当時の繁栄を偲ばせるノスタルジックな雰囲気漂うシノ=ポルトガル様式の建築が点在。ミュージアムとして保存・公開されている邸宅のほか、最近ではブティック・ホテル、かわいいカフェ、レストラン、可愛いな雑貨店などにリノベートされたタウンハウスも増え、街の散策が新たな楽しみとして注目されています
※プーケットタウン・オールドタウン写真へGO♪♪


>タイについてへ